クレジットカードの審査方法と過去の返済

クレジットカードの審査方法として必ず関わってくるのが、過去の借り入れの返済やカードの返済の情報になります。
審査はこの点を特に重視して行いますので、詳しく説明します。

■ブラックリストに掲載される■

ブラックリストとは信用情報の事を指しています。
カード会社はカードの審査で必ずそのブラックリストをチェックするのです。
過去の借り入れの状況や返済などの情報が掲載されているからです。

■返済に問題があったらどうなるのか■

・審査落ちの条件に当てはまる

審査落ちの可能性が非常に高くなります。
一時的な返済の遅れであれば、まだ突破できる可能性はあります。
しかし、定期的な遅れが出てしまっていたり、現状でも返済ができていなかったりした場合にはカードの作製はほとんどのケースでできません。

信用情報には、月ごとの返済情報まで記されているのです。
返済が毎月しっかりされていれば問題視されませんが、時々でも遅れがあるとクレジットカードの利用を断られてしまいます。

■消費者金融の返済も関わるのか?■

信用情報には消費者金融や銀行、クレジットカードなど様々な情報が掲載されています。
クレジットカード会社の審査だからと言って、クレジットカードの情報だけチェックしているわけではありません。
全体的な情報をチェックしているので、消費者金融業者の返済で問題がある場合も審査落ちの原因となります。