クレジットカードの審査方法と総量規制

貸金業法が改正されて、ある規制が設けられました。
その規制とは“総量規制”の事です。
総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れができないとするものです。
大きな負債を抱え込ませないようにするために、そのような規制が生み出されました。

■クレジットカードの審査に総量規制は影響するのか?■

クレジットカードにもキャッシング枠といった、お金を借りれる機能が実際にあるのです。
ですから、もちろん総量規制は審査に関わってきます。
クレジットカードだけを見て年収の3分の1とするのではなく、消費者金融も含めた金額が対象になります。

年収が300万円あり、すでに消費者金融で100万円の借金がある方は、クレジットカードの作成はほぼ不可能です。
作れたとしても、キャッシング枠がない、ショッピング枠のみのカードとなってしまいます。

■現実的に考えること■

クレジットカードの審査方法を探る時には、そもそも借金がある状態が好ましいのかを考える必要があります。
借金がある方は、カードの支払いにも窮する可能性があります。
カード会社としてもそのような方にカードを使ってもらうとリスクを背負うことになります。
借金があるのならば、返済が終わってからカードの審査を受けましょう。
格段に審査の突破率がアップするはずです。